フッ素樹脂を使わないフライパン

未分類

フッ素加工されたフライパンを使っている方は多いと思いますが、我が家は少しずつ脱フッ素加工(テフロン加工)を進めていました。


なぜ脱フッ素加工かというと、高温になると有毒ガスを発生するといわれているから。


通常の調理ではそこまで高温にはなりにくいそうですが、少しでも危険性や疑いのあるものは使いたくありません。


フッ素加工のフライパンはくっつきにくいし手入れが簡単、値段も手頃などメリットもありますが、もし家族が病気になったり命の危険に晒される可能性があるなら使うべきではないと私は考えます。


人はもちろん、我が家には小さい家族のわんこもいます。


大事な家族の健康を守るために、我が家では少しずつ脱フッ素加工を始めることにしました。




そこで、まず最初に買い替えたのがわんこごはんを作るのに使う小さい鍋。


種類は安全性の高いステンレス


値段はフッ素加工の物より値は張りますが、丈夫で長く使えて保温性が高いといわれています。


実際に使ってみても何の問題もなくいい感じだなという印象でした。




しかし、


小さい鍋、大きい鍋、フライパンと買い替えていくうちに困った問題に直面しました。


鍋は茹でる、煮るなど水分のある調理方法でくっつくという心配がなかったのですが、フライパンで炒める、焼くという調理をするとどうしてもくっつく問題がでてきました。


色々と調べてフライパンをよくあっためてから食材を入れるやり方、グレープシードオイルなどの乾性油で油膜を作りよく熱して、フライパンを手で触れられるくらいまで冷ましてから使うやり方も試してみましたがどうしてもくっつく。


毎回ではないもののステンレスのフライパンを使うのに抵抗が出てきました。




そこで、ステンレスではありませんが有害物質がでない、使われていないセラミックコーティングのフライパンでグリーンパンのトライアルシリーズというものを購入してみました。

グリーンパンはとても光沢のあるツルツルとした表面で好印象。

くっつかない予感がしました!




写真はきのこのソテーで水分の多い食材ですが、チキンも今のところはまったく問題なし。

むしろ油をいつもよりも少なめにしてもツルツルです。






お手入れや使い方も難しいことはなく、くっつかないし安全に調理ができるのは何よりも嬉しいし安心。


あとはこれがどのくらい使えるかですが、ネットで口コミなどを調べるとフッ素加工のフライパンと同じくらいで約2年かなと想定しています。


正直、長くはありませんが、背に腹は代えられません。



安全第一でお手入れや使い方を守って活躍してもらいたいと思います♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました