犬用 保湿剤

おもちゃ・日用品

我が家では2021年にひなたが胆管閉塞になり、胆嚢を摘出しました。
その際、術後に皮膚がカサカサになり、かかりつけ医で相談して使い始めたのがアフロート。




使い方はお風呂上がりの濡れた毛につけて乾かすだけ。
乾燥がひどいときはお風呂以外でも乾いた毛をできるだけ掻き分けて染み込ませるようにもみもみと塗っていました。


そして、あんりがうちへ来てからも同じようにお風呂上がりにアフロートで保湿をしていましたが、
今年の1月頃に体中に瘡蓋ができてフケも出ていることに気が付き膿皮症ということがわかりました。

病院では塗り薬と抗生物質をもらい、アフロートで保湿をして1ヶ月くらいで瘡蓋はだいぶなくなりました。

ただフケのほうはよくならず、病院の先生にも相談をして保湿剤を変えることにしました。
色々と調べて良さそうだったのがエヌズドライブ。



念の為、こちらも病院の先生に確認をしてもらってから購入。


そこでアフロートとエヌズドライブの簡単な比較表を下記へ作ってみました。

名前AFLOAT DOGN’s drive
特徴集中保湿ゲル
製造国日本日本
詰め替えありなし
洗い流し不要不要
パラベンフリー
合成香料不使用
エタノール不使用
ヒューマングレード記載なし
セラミドEOP
セラミドNP
セラミドAP
※エヌズドライブには「フェノキシエタノール」のいう成分が含まれていますが、こちらはエタノールと付いていますがアルコールとは全く異なる成分ということです。


上記の表の下から3つのセラミドは人間同様、犬の乾燥肌、アレルギーにも効果的な成分ということで含まれているのかを確認しました。
セラミドには上記3つ以外にもいくつか種類はあります。

上記表から見ても3つのセラミドも含まれ、品質も良さそうです!
あと他の成分もそれぞれ違ってくるのでどちらが自分の子に合うかで決めようと思います!

ちなみに塗りやすさでいえばアフロートのほうが個人的には塗りやすかったのと、詰め替えがあるのは有り難いですね。
エヌズドライブの方は「使用する水は純水以上の超純水を仕様」というのに好感を持っています。

今はエヌズドライブに変えてから4ヶ月くらいでだいぶ乾燥は気にならなくなっていますが、
時期的なものもあるかもしれないので一年を通して引き続き経過をみていこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました